太陽光発電の電池の種類

Posted in 太陽光発電の選び方 by admin

地球環境に貢献できる自家発電方法として現在世界中で普及が進む太陽光発電システムの導入を検討中の方も多いのではないでしょうか?
導入することで電気代を削減、売電による副収入が期待できる、エコ活動につながるといった多彩なメリットが期待できますが、導入前に注意すべき点もたくさんあります。
まずはどの太陽光電池を選ぶかが重要となりますが、初めて導入する方にとってはどれを選べばいいかなんて分かりませんよね。
現在最も広く使われているものが多結晶シリコン型、シリコンの使用量が少ない分コストも抑えられる、電気への変換効率も高いといった特徴があります。
最も古くから使用されている単結晶シリコン型は変換効率が高い反面コストもかかってしまうため今後需要が減ると予測されています。
他にも軽量かつ省資源で造れる薄膜シリコン型、シリコン系以外では有機物を含んだ固体の半導体薄膜を常温で塗布するだけで製造できる有機半導体型の注目が高まりつつあります。
変換効率が高い、高性能な太陽光電池ほど価格も高くなりますが、他にも設置する枚数、設置場所、メーカー間による違いなど価格が変動するポイントは多々あるので複数の施工メーカーへの見積もりは必須と言えるでしょう。
いくら高性能の太陽光電池を設置できたとしてもそれだけでは太陽光発電システムの恩恵を最大限受けることは出来ません。
まずは住まいの地域の日照時間、日射量の調査を依頼し太陽の光を効率良く変換できる真南に設置できるかを調べること、真南でなくても家庭によっては東~西側までの屋根面へ設置しても効率を保つことが出来ますよ。