いざという時に備える太陽光発電

2011年の震災は群馬にも深刻な影響を与えました。
輪番停電で停電を初めて経験した方も多かったのです。
今まで当たり前だった電気がもっとおくぶかいエネルギー問題としてひとりひとりに問われるようになりました。
それまでエネルギーのことなんて何も考えていなかった方も節電の意識が芽生え、今使っている電気はどのような発電方法で自分のところに届いているのか意識する様になりました。null
発電方法にはいろいろありますが今まで多く使われていたのが有限の資源である石油を使った火力発電やウランなどを使った電子力発電があります。
原子力発電は空気を汚さず、ランニングコストが安いエネルギー発電方法と考えられてきましたがじつはそうではないことが露呈しました。
万が一の事故の場合には放射能除去や退避などに莫大な費用がかかることがわかったのです。
そこで見直されているのが太陽光発電です。
太陽光発電は風力発電、地力発電、バイオマス、水力発電などと並んで再生可能エネルギーといえわれています。
その中でも太陽光発電のエネルギーは太陽の光です。
尽きることのない無限のエネルギーといえ、大きな期待を寄せられています。
しかも日本は太陽光発電の技術において世界最高レベルです。
ぜひ家庭にも取り入れたいエネルギーなのです。
そして、太陽光発電は中古住宅にも取り入れやすいものです。
新築住宅に取り付けられる工事数よりも既築住宅における工事件数の方が多いくらいです。
太陽光発電は万が一地震が起こって電力会社からの送電が途絶えた時にも自家発電することができるのでシステムに故障がなければ変わらず電気を使い続けることができます。
さらに蓄電のシステムを取り付ければ日光のない夜間でも電力を使うことができるのです。
環境にやさしく震災などのいざという時にも有効利用できるのが太陽光発電なのです。
ただし、業者選びはしっかりする必要があります。
太陽光発電を効果的に使いメンテナンスをしっかりしてくれる業者を選びましょう。