Archive

Archive for the ‘群馬の太陽光発電補助金’ Category

太陽光の街群馬県太田市

Posted in 群馬の太陽光発電補助金 by admin

日本中を、恐怖のどん底に陥れたあの東日本大震災が発生して以来、日本の電気業界の事情は大きく方向変換を迫られています。
それまでは原子力発電一辺倒で走り続けてきたのが、原子力発電以外の 他の発電方式に切り替えを余儀なくされているのです。
代替発電方式としては、火力発電、水力発電、そして太陽光発電等が挙げられます。
国策としては、一般家庭用の電力を、一般家庭の太陽光発電によって、かなりの分を作り出すことが検討されています。
火力発電、水力発電は一般家庭にとりこむことは困難なのですが、太陽光発電は戸建の屋根さえあれば、太陽光パネルを設置できるので、国策を実施するにはぴったりなのです。
とくに群馬の用に日照時間が、全国的にも5本の指にはいりかつ 都市部と違い 1個人の家のスぺ-スが広いところでは、自然と太陽光発電設備の普及率は高くなります。
また群馬においては、2012年に太田市が「太陽光発電推進のまち おおた」都市宣言を行いました。
地区上げての太陽光発電取りこみを全国に強力にアピールし、同時に太陽光発電の普及事業に本腰を開始しました。
その4年前になる、平成18年には世界最大規模の太陽光発電団地「パルタウン城西の杜」を完工させています。
そして。
2012年7月には、全国で初めてメガソーラー「おおた太陽光発電所」を設置し、初めての快挙を単独自治体として成し遂げました。
行政がこのように太陽光発電導入の全国的な先駆けを行ったことで、住民の中に
太陽光発電システムへの親近感が生まれるようになっています。
大田太陽光発電所は、群馬県太田市緑町81-1にあり、発電出力は1,500キロワットあり、その年間発電量は163万キロワットアワーです。
そして気になるCO2排出削減量611トンと公表デ-タではなっています。
この太田市は都市宣言のなかに「市民と一体となって太陽光発電のさらなる導入を図り、クリーンエネルギーによる自然にやさしい都市を目指す」と定めて、行政と市民の両方が一緒になって太陽光発電を進めることをうたっています。